FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリとイギリス

パリとイギリスに行って来ました。

イギリスは2010年9月〜2011年8月まで文化庁の新進芸術家海外研修制度で行ってましたが、当時は他の国へ行く事は出来なかったのでお隣のフランスにも行けませんでした。
なので、今回フランスのパリは初めてになります。海外旅行自体そんなに馴れてませんので、英語圏でない国へ行くのは台湾以外では初めてになります。

フランス、パリと言えば芸術の都と知られ、ルーヴル美術館はじめ有名なミュージアムがあり、多くの芸術家がフランスで活動してた事で知られてます。日本からもフランスへ行ってアートを勉強した芸術家が沢山います。
そんな事もあり、一回行ってみたいとは前から思ってました。

仕事ではないのでただの観光記事になってしまいますが、忘備録としてざっと書いてみたいと思います。

日本から北京経由で15時間、片道49000円の航空券でパリへ。エアチャイナでしたが、割と快適でした。
ホテルもそうですが、航空券や電車のチケットも早めにネットで予約すると大分安くなります。ただ、旅行会社のパッケージプランと違うので後から変更がききません。

18時くらいにパリに到着しホテルへ向かうのですが空港から出ている高速地下鉄のRERのB線は治安が悪いと有名でした。途中、いきなり途中の駅で止まって降ろされる事になりましたが、時間もそんなに遅くはなかったので何とか無事にホテルまで。パリの地下鉄や安いホテルはエレベーターが無いので大きな荷物だと大変です。

w2017paris1.jpg
翌日、ルーヴル美術館。とにかく混むと聞いていたので8時半前にはピラミッドへ。チケットよりもボディチェックに時間がかかると聞いてましたが、事前にチケットがある人の方が先にボディチェックして入れていたので先にチケットを用意出来るならした方が良いですね。
1日で全部観られるとは思ってないので、気になる所を中心に観ますが人気なのはやはりモナリザとミロのヴィーナスみたいです。


w2017paris2.jpg
サモトラケのニケ。この階下からのアングルがとても奇麗でした。最初は空いてましたが、後でまた通った時はモナリザよりも混雑してました。

w2017paris3.jpg
光の感じもとても奇麗です。ここでデッサンしたくなりますね。
ミロのヴィーナスは違う場所にあり、それもみましたが正直なところ光があまり奇麗ではありませんでした。


w2017paris5.jpg
モナリザはダヴィンチが制作したもので現存する物は15点ほどしかなく、その中でも一番状態がよいのがモナリザなのではないでしょうか。ルーブルにはモナリザへのルートがあちこちに書いてあります。早めにいったのでそれほど混んで無い状態で観る事ができました。防弾ガラスの向こうなので間近に観る事は出来ませんが、ついに観る事が出来たか、と感慨深いものがあります。

ルーブルは大きく3つの建物の構造になっているのですが、詳細はガイドブック等を読んだ方が良いです。私も一回行っただけではまだまだわからない事が多いです。

近くにはオルセー美術館もあります。そちらはゴッホの自画像があります。ルーブルの一角には装飾美術館もあり、そこも充実してました。時間がなくてかなりかけ足で観てしまったので少し残念です。



w2017paris6.jpg
土曜日の朝の蚤の市。いろいろと売ってますが、工具店を発見。

w2017paris7.jpg
こちらは鏨や刻印、金型などを売ってる露店。かなり面白いお店でした。重たくなければ買って帰りたい物が沢山ありました。

w2017paris8.jpg
購入した工具。全部で30€。このコンパスはアジャストが簡単に出来る構造になってます。日本でも昔はありましたが、最近では作られてないと思います。


w2017paris9.jpg
カタコンブ。600万人分の骨が埋葬されてます。地下鉄より深い位置にあり、細く狭い階段を下りて行った先にあります。なかなかマニアックなところです。頭蓋骨と大腿骨ばかりに見えてしまうのですが他の骨もあるはずです。


w2017paris10.jpg
フランスの家庭料理が食べられるというお店での食事。
量が半端ないです。そして芋芋芋芋。フランスはシェアして分けるというのがないみたいで、皆さん1人一皿むしゃむしゃと食べていました。フランスのパンはおいしいですが、フランスパンは中はもちもちですが外が硬く、口の中がズタボロになりました。よくイギリスは食事がまずいけどフランスは美味しい、みたいに言いますが味付けのせいか私は割とすぐ飽きてしまいました。

ホテルはイタリア広場という所の近くでした。パリは場所によって治安が悪かったりするそうで、スリなどはかなり多いそうです。youtubeを見るとスリの現場の動画などあったりして、ちょっとイメージと違い過ぎて驚きます。

物価は今の日本(2017年3月)より少し高いですね。ロンドンの方が安く感じました。
人の服装や、お店のショーウィンドウはとてもお洒落です。建物や街の風景は色が無く、グレーです。

長くなったので次回に続きます。

Trackback

Trackback URL
http://koheiyoshida.blog.fc2.com/tb.php/58-3b20baed

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

Kohei Yoshida

Author:Kohei Yoshida
金属工芸家
http://koheiyoshida.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。