FC2ブログ

あいちトリエンナーレ

あいちトリエンナーレを見に愛知県に行ってきました。会期や会場等の詳細は公式サイトをご覧ください。10月23日までです。

国際芸術祭は最近多く開催されてますが、私は今回初めて見にいきました。
トリエンナーレなので、あいちは3年に一度で3回目の開催です。

私は普段は工芸をやってますが、アート全般に興味はありますし、現代アートやインスタレーションをやっている友達もいます。機会があれば見に行きたいと思いつつ、中々足を運べてませんでした。

会場が名古屋、岡崎、豊橋の3ヶ所で開催されており、その中で会場が離れていたりもしますし作品点数が多いので全部しっかりと見るには数日は必要となります。二日間で3ヶ所を急いで見て回りましたけど、時間はもっと欲しかったです。

やはり名古屋は参加作家も多いし県立美術館は大きいので見応えもありました。先日の日曜美術館でも特集されていました。
大きな白い空間、というのがあるのが美術館の特徴ですね。もちろん、部屋によって暗い部屋もありますが、展示をする為に作られているだけあって現代アートやインスタレーションの作品が映えて見えます。
実物とふれるとアートってやはり面白いと感じます。テレビや美術誌で目にする事は多いですが、大きな空間を使ったインスタレーションとかは実際に行ってみないと分らないです。
工芸品って大きさがだいたい想像出来るので写真で見て実物を想像する事はそんなには難しくはないですが、現代アートや絵画彫刻ってイメージと違う事も多いです。

多くのこういった芸術祭もそうですがアートイベントは美術館だけじゃなくて古い空いてる建物を利用して行われる事が多いです。空間や建物と合って更によい作品になっているか?は結構重要だと思っていて、今回は結構作品と空間がマッチしていて面白いのが多いと感じました。
作品がなくても空間や建物だけで十分面白いって所が選ばれているので作品の勝利じゃなくて建物とか空間の勝利じゃないの?ってのもよくあって、工芸の作品の完成度は高いけど周りの空間との関係はあまりないってのと方向性は逆だけど悩みは似ているのかな、なんて感じます。
まあ、もちろん中には無理矢理すぎるよな、、っていうのもありました。


見たものを全部書くとキリがないので、気になった作品の写真を載せておこうと思います。
写真は作品だけでなくて気になった建物もあります。

aichi-nagoya1.jpg
aichi-nagoya3.jpg
aichi-nagoya4.jpg
aichi-toyohashi3.jpg
aichitoyohashi1.jpg
aichi-toyohashi3.jpg
aichi-toyohashi2.jpg
aichitoyohashi1.jpg
aichi-okazaki1.jpg
aichi-okazaki2.jpg

Trackback

Trackback URL
http://koheiyoshida.blog.fc2.com/tb.php/55-4ba2f890

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

Kohei Yoshida

Author:Kohei Yoshida
金属工芸家
http://koheiyoshida.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示