スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀内政三先生胸像制作

忙しかった為にしばらく間が開いてしまいました。

昨年末は、以前私が在籍していたアトリエ、金属工房セブンポイントにて胸像制作のお手伝いをしてました。
セブンポイントの代表の岡島延峰さんが、巣鴨学園の前校長先生の堀内政三先生の胸像を制作していたのでそのお手伝いです。

デザインは話には聞いてましたが、よくある偉い先生の胸像ではなく、全校長先生がどんな人柄だったのか、を伝える為に両手に学校で生き生きとしている生徒を沢山手に抱えて見つめて微笑んでいる、というものでした。
私は出身者ではないので面識もなければお名前も存じ上げなかったのですが、お話に聞くと教育熱心でカリスマ校長先生として知られている方だったそうです。


制作は鋳造を基本に行いました。素材はブロンズです。
よくある胸像でしたら腕も身体と一体ですのでまとめて鋳造出来るのですが、今回は腕を出していたり、手の作りや首もと、子供達も沢山作るので幾つかの部分に分けて鋳造してそれを溶接したりして組み上げました。原型を作るだけでも大変なのですが、特に子供はその中で顔と手がまた別に作って組み立てる必要があり、部品数だけでも相当な数となりました。子供の数は全部で30人います。

写真を見ただけでは重さは分りませんが、胸像部分だけで100キロ以上の重さになります。
全体のパーツが仕上がり、仮組をして修正個所を直し、再度ばらしてから緑青を吹かせていきました。


日本で胸像、銅像というと正面を向いているだけのものが多いですが、海外に行きますとバリエーションの豊かさに驚きます。街中にある銅像ですらさまざまがポーズをとっていたりします。モデルとなる人がいて、「その人らしさ」をそれぞれ考えてポーズを決めて作られてます。
日本でも、例えば少年よ大志を抱けと言ったクラーク博士が遠くを指差しているポーズや、坂本龍馬が着物に片腕を入れながら大海原を見ているポーズなど、稀にその人らしさを感じさせる銅像がありますが、学校にある銅像や胸像になりますとどれも形式的で、ただあるだけ、というものが連想されます。
その人がどういう人で、どんな理想を持っていたのか、を表現するのが銅像や胸像の魅力だと思いました。
死後、教え子たちから胸像を造りたいと言われる事も校長先生としては嬉しいことかと想像します。
なかなか他にはない胸像が造れたと思います。

sugamo1.jpg

銘板は固定中の為にしばってあります。


sugamo2.jpg

緑青完成後。この後、ワックスを塗って光沢を出します。


sugamo3.jpg

組み立ててしまうと見えなくなってしまう手のひら。見えなくなってしまう所ですが、細部までしっかりと作ってあります。
スポンサーサイト
プロフィール

Kohei Yoshida

Author:Kohei Yoshida
金属工芸家
http://koheiyoshida.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。