スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍛金タンブラー制作体験

鍛金、1枚の銅板を叩いてタンブラーを作るコースのご紹介です。

タンブラーは持ち手のないカップ状の器です。冷たい飲み物を飲むのによく使われます。
氷を入れると銅なのでとても冷えて美味しく飲めます。アイスコーヒーや麦茶、ビールや焼酎などさまざまなものに使えます。
tumbler4.jpg

写真は完成したものです。手作りのタンブラーで飲むお酒はまた格別な味です。


作り方はマグカップと基本的には同じです。持ち手がないので、背を高めに作ります。

tumbler1.jpg

銅板を直径16センチの円にカットします。板の厚みは1㎜です。

DSCN1975.jpg

バーナーで熱して600度まで温度を上げます。銅板を叩いて絞る時にはこうして火をかけて熱して柔らかくしておきます。

tumbler2.jpg

当て金と金鎚を使って絞って1枚の板をカップの形状にしていきます。

tumbler3.jpg

ほぼ形が出来た所です。
ここから水平をだして口の部分を整え、内側に錫を引いて表面を硫黄で反応させて着色して完成となり、最初の画像のものになります。


時間は、初心者の方で2日くらいかかります。早い方ですと1日半くらいでしょうか。
経験者で馴れている方ですと1日でも制作が可能かと思います。

もし、初めての方で作られるのでしたら2日見ておいてください。
材料費は2000円となります。

教室は毎週土曜、日曜日で予約制となっております。1週間前までにご連絡頂けると助かりますが、スケジュールが空いていれば前日のご連絡でも対応可能です。
基本的に彫金鍛金それぞれ2名様、最大で合計4名様までとなっておりますが、若干は融通が利きますのでご相談ください。
教室の授業料は、
1日コース 10:00~13:00 13:30~16:30 計6時間 6,000円
半日コース 10:00~13:00 または 13:30~16:30 どちらか3時間 3,500円
入会金等はかかりません。

1日コースは半日コースよりもお得となっております。
当アトリエでは1日6時間制作する事で、途中で制作が止まってしまったりして制作に時間がかかってしまう無駄をなくせる様になっております。集中して、みっちり制作する事が出来ます。
2名様以上、1日コースのご予約でしたらご希望の平日での対応も可能です。

作業が出来る服装かエプロンをご用意ください。サンダル、ハイヒールは危険ですのでご遠慮ください。

場所は、
東武東上線川越市駅から徒歩10分
西武池袋線本川越駅から徒歩15分 です。
駐車スペースはございます。

プライベートの工房の為、ご予約を頂けた方に場所等の詳細は連絡させていただきます。

こちらまでお問い合わせください
metalsmith1117@gmail.com



スポンサーサイト

あいちトリエンナーレ

あいちトリエンナーレを見に愛知県に行ってきました。会期や会場等の詳細は公式サイトをご覧ください。10月23日までです。

国際芸術祭は最近多く開催されてますが、私は今回初めて見にいきました。
トリエンナーレなので、あいちは3年に一度で3回目の開催です。

私は普段は工芸をやってますが、アート全般に興味はありますし、現代アートやインスタレーションをやっている友達もいます。機会があれば見に行きたいと思いつつ、中々足を運べてませんでした。

会場が名古屋、岡崎、豊橋の3ヶ所で開催されており、その中で会場が離れていたりもしますし作品点数が多いので全部しっかりと見るには数日は必要となります。二日間で3ヶ所を急いで見て回りましたけど、時間はもっと欲しかったです。

やはり名古屋は参加作家も多いし県立美術館は大きいので見応えもありました。先日の日曜美術館でも特集されていました。
大きな白い空間、というのがあるのが美術館の特徴ですね。もちろん、部屋によって暗い部屋もありますが、展示をする為に作られているだけあって現代アートやインスタレーションの作品が映えて見えます。
実物とふれるとアートってやはり面白いと感じます。テレビや美術誌で目にする事は多いですが、大きな空間を使ったインスタレーションとかは実際に行ってみないと分らないです。
工芸品って大きさがだいたい想像出来るので写真で見て実物を想像する事はそんなには難しくはないですが、現代アートや絵画彫刻ってイメージと違う事も多いです。

多くのこういった芸術祭もそうですがアートイベントは美術館だけじゃなくて古い空いてる建物を利用して行われる事が多いです。空間や建物と合って更によい作品になっているか?は結構重要だと思っていて、今回は結構作品と空間がマッチしていて面白いのが多いと感じました。
作品がなくても空間や建物だけで十分面白いって所が選ばれているので作品の勝利じゃなくて建物とか空間の勝利じゃないの?ってのもよくあって、工芸の作品の完成度は高いけど周りの空間との関係はあまりないってのと方向性は逆だけど悩みは似ているのかな、なんて感じます。
まあ、もちろん中には無理矢理すぎるよな、、っていうのもありました。


見たものを全部書くとキリがないので、気になった作品の写真を載せておこうと思います。
写真は作品だけでなくて気になった建物もあります。

aichi-nagoya1.jpg
aichi-nagoya3.jpg
aichi-nagoya4.jpg
aichi-toyohashi3.jpg
aichitoyohashi1.jpg
aichi-toyohashi3.jpg
aichi-toyohashi2.jpg
aichitoyohashi1.jpg
aichi-okazaki1.jpg
aichi-okazaki2.jpg
プロフィール

Kohei Yoshida

Author:Kohei Yoshida
金属工芸家
http://koheiyoshida.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。