FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅の殺菌作用

銅は殺菌作用がある、とよく耳にします。
インターネットで検索してみると、色々と出てくるので面白いです。

調べて見ると銅はサルモネラ菌を1/500まで減らしたりするそうですが、鉄やステンレス、樹脂などにはその様な作用はないとのこと。他にもO157やクリプトスポリジウム等の菌などの殺菌にも有効だそうです。

歌舞伎役者さんのカツラの内側は銅で出来ていて汗臭くならないとか、手ぬぐいの繊維に銅を編み込んだ物もあってそれも臭くならないそうです。靴の中に10円玉を入れておくと臭いが取れる、というのも聞きます。

以前、銅の緑青は劇毒だと言われてました。しかしそれは間違いだった事が科学的に解明され、昭和59年位厚生省が発表してます。
どうやら、昔の銅の精製が完全でなかったころに鉱物の中に含まれたヒ素が残ってしまい、悪影響をした事があったのではないか、と言う事の様です。今の銅の精製は99.9%の純度なのでほぼ純銅です。中には無酸素銅というもっと精製されたものもあります。

緑青が毒、と言う事から銅の鍋やフライパンの料理が触れるところは錫を引く事が以前は法律で定められてました。が、現在それはなくなって、厚生労働省の指導では熱がかかる物は錫を引かない方が好ましい、となっております。

銅の鍋で煮物をして、その日の内に食べ切れば良いのですがそのまま残しておくと翌日料理の上に緑青が沸いてしまいます。毒はないのですが、見た目的に美味しそうには見えないので鍋やフライパンはやはり錫引きした方が良い様な気がしてます。逆に、お湯を沸かすだけの銅のやかんやポットは錫引きが必要ないかもしれません。
因に、緑青が沸いてしまった煮物は味が甘くまろやかになります。


その様な効果がある銅ですが、実際に効果が見た目で分る実験をしてみました。

20151016.jpg


銅の殺菌作用は切り花を長生きさせるといいます。
実際に、ガラスの花瓶と銅で作った花器ではどちらが花が長生きするか比べてみます。

市販のガラスの花瓶とほぼ似た形状の銅の花器を作りました。中に入れる水の量は200mlで共通です。
花はトルコキキョウです。元は同じ茎なので、多少の差はあるものの同じ状態としてみます。
実験は2015年10月16日から始めました。同じタイミングで水交換をします。

本当に目に見える差が出るのか、正直私もわかりません。試しにやってみたものの、そんなに違わないのではないか、、、と少し心配してますが、どうであれ結果はまた書きます。


銅の花器の花は水が奇麗になるので長生きすると言いますが、逆に植木鉢は土の中の微生物を殺してしまい、植物が育たなくなると言います。言われるとなるほど、と思います。都合良く悪い菌だけを殺してくれる事はないでしょう。
一言で銅といってもなかなか奥が深いです。
スポンサーサイト
プロフィール

Kohei Yoshida

Author:Kohei Yoshida
金属工芸家
http://koheiyoshida.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。