FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソケット式当て金

kito1.jpg

 安城市でからくり人形の世界を見て、その後に鬼頭先生を訪ねました。

 鬼頭先生は大学のOBで愛知に工房を構えており、鍛金をより身近に出来る様に「当て金」を独自に開発していらっしゃいます。(現在、HPはmobile meの終了に伴い工事中の様です)

 当て金は、鍛金をするのに非常に重要な道具であり、作る形に合わせてそれぞれ必要な当て金が異なり、沢山の数が必要になってきます。ですが、固い炭素鋼を真っ赤にして叩いて曲げて作る当て金は作るのも大変ですし、作る形事に毎回新しい当て金が欲しくなる位数が必要です。これが鍛金が彫金に比べて一般的にならない理由の一つだと思います。

 鬼頭先生は、それを解消すべくソケット式の当て金を開発しました。上の写真がそれです。
当て金の本体に様々な鏡の部分が差し替えて使う事が出来る、非常に便利な道具です。

 ちょうど10年前、まだ学生だった時にこの当て金の存在を耳にして同級生と留学しに来ていた友人と3人で鬼頭先生の所を訪問しました。当時はまだ鉄の棒材を旋盤で加工して鏡の所を固定する使用でしたが、近年のものは更に開発が進み鋳鉄のボディーとなってました。更に、小さいサイズのものも出来てました。卓上にボルトで固定してちょっとした作業にも便利そうです。
 絞るときは強く叩くので、本来の炭素鋼を鍛造して作った当て金がよいとされてきましたが、上にも書いた様に作る事が本当に大変です。昔からある作り方じゃないと使えないのではないか、と言う人もいるのですが、私も自分で作った物を使う限り特に問題はありません。鉄をガンガン叩く場合や、鏡を固定するボルト部分が邪魔になってしまう場合を除けば非常に便利です。それ以上に、溶接の発達により簡単に必要な鏡をシャフトに付けて当て金に出来る便利さに注目すべきだと思います。グラインダーと溶接機があれば簡単に作れます。

 昔からある道具にはちゃんと理に適った理由があるのは間違いないのですが、それとはまた別に作る事を簡単に楽しむ事を感じさせてくれる道具です。

スポンサーサイト

名古屋

先週、名古屋に行ってきました。
ちょっと見たい展示があって、それが17日までだったので急遽車を飛ばしてみてきました。

お目当てはからくり人形の世界展
karakuri1.jpg


安城市で江戸時代に作られたとみられる文字書き人形が発見され、それを復元したものや安城市にあるからくり人形の展覧会です。
有名なのはお茶運び人形や、弓引き童子です。この文字書き人形が発見されるまでは、弓引き童子がからくり人形の最高傑作と言われてきましたが、この文字書き人形は弓引き童子と同じ位繊細な動きをする事で有名です。

karakuri2.jpg
図録の写真と、実演で書いてくれた文字。

弓引き童子は動力がゼンマイなのに対し、文字書き人形は重りで動く仕掛けになってます。
重りが重力で引っ張られる力を元にして歯車と減速器でその速度が落とされ、それがカムに伝わり、人形に繋がった紐が引っ張られて文字を書く仕組みになってます。
書くと簡単なのですが、これがもの凄くよく出来ていて、紙を自分の方へ向ける動きから始まり、右手を口にくわえた2本の筆で「松」「竹」の2文字を書き、完成したらそれを人へ向けるのですがただ書くだけではなくて首や頭が人間の様に動きます。
いやー、驚きました。すごい。昔のからくり人形では田中久重が超有名ですが、これもかなりすごいです。
アメリカで発見されて日本で直された文字書き人形と、この安城で発見された文字書き人形の2体しかオリジナルのものはありません。(写真の物は複製)
複製を作るにも、カムは100枚以上作ったそうですし、物を見ながらでも相当困難だった事と思います。
プロフィール

Kohei Yoshida

Author:Kohei Yoshida
金属工芸家
http://koheiyoshida.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。